ジムニー JA11 オーバーヒート?高速道路で 水温計上昇 と 警告灯点灯

過去のカスタムやメンテナンスを振り返って 書き直してみます この オーバーヒートは JA11にとって大変でした・・

2023年現在でも 完治しているか不安で これ以来 まだ高速道路乗ってません(笑)

スポンサーリンク

ジムニーJA11 水温計上昇 と 警告灯 内容

発生日:2017-07-17

距離:約143,880km時

関連:前日のエアコンガス補充作業で違和感を感じた時点で 慎重に考えるべきだった と反省

JA11 オーバーヒート 症状・状況

夏の暑い日に エアコンの調子が悪い状態で 車内も最悪な暑さの中・・ 遠出するところで しかも一般道は渋滞、JA11の室内が いつも以上に暑い気がする・・ 一般道はなんとか抜けて高速道路に入りました

高速に入って 10分くらい 80~100km/hで走ると 車内の暑さがヤバい水温計(純正の)針がめちゃ高い

JA11 高速道路でオーバーヒート 対応 対処 (この時の場合)

異常を感じてからの対処

高速で 急に止まれないし・・ スピードをできるだけ落して走行します 負荷が少な目になるように、高速なので 迷惑になるけど・・ 60km/hとかくらいで走ったと思う

エンジンの音も・・ 決定的におかしいわけではないけど 何か嫌な感じがする・・さらに10分ほど走ると ついに エンジンチェックランプが点灯したり消えたり・・ しました

はじめての状況で かなり焦る(泣) 早く高速から降りたい 高速の少し上り坂が続くような区間を走ってると ちょっとの坂でも今はやめてくれ~ と思いました 

サービスエリアに入って点検

警告灯は 点灯したり 消えたりしてる状態で なんとかサービスエリアに到着しました ここまでたどり着けたのには 少し ホッとしました

少しアイドリングしてから~ エンジン止めて ボンネットを開けると・・ スゴイ熱気冷却水飛び散っている・・ 

LLCが 噴き出したんだろうか?というような状態 リザーバータンクのホースから排出されたのかと思います その分 タンクの量は LOW付近まで減ってる・・

エンジンに水をかける・・

絶対ヤバそうな温度を感じたので SAのトイレの水道で ポリ袋に水を汲んできて エンジンの周りから 少しづつ水をかけました

変な所に 水が入り込まないように注意しながらかけると 水はすぐに マンガみたいに湯気になってました・・ 

これ以上やっても正解かどうかわからない・・

とりあえず ゆっくり待って 自然に冷ます

まあ 落ち着いて・・ 小一時間SAで涼みます 冷房の効いた室内はありがたい

SAのガソリンスタンドで LLCを購入し補充

サービスエリアのガソリンスタンドでLLCを購入! 量が少ないのに値段は高かった・・気がします

エンジンが しっかり冷えていることに注意して ラジエターキャップを慎重に外します 上の穴から見ても ラジエター内には 冷却水は見えません ※エンジン高温時にラジエターキャップを開けるのは危険です 参考にされるときは十分注意してください

ラジエターに冷却水を補充 アイドリングしてエア抜きして リザーバータンクのMAXラインまで調整

慎重に 自走で帰る

サービスエリアの駐車場内で テスト走行すると 普通に走れます レッカーを呼ぶ という方法も考えましたが・・ 

水道水をペットボトル3本分くらい積み込んで、LLCも購入し慎重に自走して帰ることにしました 距離は15kmくらい

次の出口で高速は降り一般道を走ります 水温計に注意しながら やばそうな感じがしたら 休憩、タンクにLLCを補充してから出発 というのを2~3回しながら エンジンチェックランプまでは点灯することなく、無事帰宅することができました

ジムニー JA11 高速道路でオーバーヒート まとめ

古い車は なにか不安を感じるような気配があったら 想定外の不調も疑った方がいいなと 身をもって体験しました 異常が発生している時って 違和感を感じることが多いです 匂い、音、温度など今回は車内が暑過ぎな感じがしたし エンジン音にも違和感ありました そのような情報でクルマと対話して 早め気付くことが ホント大事だと思います

高速でのオーバーヒートは一般道とは違い スゴイ恐怖感で心臓に悪いです 今回は帰ってこれましたが 状況によっては違う判断が必要だったかもしれません 路肩に停めて レッカー呼ぶ という選択が正解だったのかもしれないです

普段から 時間や日程には余裕をもって予定し、 軍手・ウエスや 工具や冷却水なども積んでおいた方が良いですね

今回の例は あくまで参考程度に、同じ境遇になった人は 冷静な判断をお願いします

続き →「       」治すために点検していきます

コメント