シエンタHV オールシーズン タイヤ 交換編 コスパ重視 【2023】

タイヤフッドで購入した ダンロップのオールシーズンタイヤ

交換に行ってきました 

いたって スムーズに交換完了 便利な仕組みだと思います

前回の内容シエンタHV オールシーズン タイヤ 購入編 夏性能重視 【2023年】

関連記事シエンタ グッドイヤー タイヤレビュー 3年3.5万kmで交換【2023年】

シエンタ HV オールシーズンタイヤ に交換 内容

作業日:2023-07-15  走行距離:73,237km 金額:67,760円

メーカー: ダンロップ

商品名:ALL SEASON MAXX AS1参考リンク 公式メーカーホームページ

サイズ:185/60R15 84H ← 参考リンク タイヤフッドの このサイズの販売ページ

購入先:タイヤフッド

作業感想:予想通りでスムーズ 良かった

初めてのタイヤフッドを使っての交換は スムーズ

2023-06-30に注文、都合のよい週末を選んで 7/15に予約としました

注文時に入力必要なのは 店頭交換予約+10,560円(税込) 

これで 指定のお店にタイヤが直送され、交換工賃、バルブ代、タイヤ廃棄代 まで含まれてます

パンク保証料金は 0円設定だと6か月保証 これで十分だと思います

交換店舗は 近所のガソリンスタンドを指定 10分ほどで行けるので楽そうです

交換当日 予約時間通りに訪問 タイヤが届いて用意されてました

作業時間は 1時間くらいとのことですので そのまま待つことに

ちょうど1時間くらいで 声をかけられ、ホイールナットの締め付けトルクを 全てのナットで一緒に確認

すごく丁寧ですね・・ で ここから数分で作業完了 でさっと乗って帰りました

という流れでした 

タイヤフッドで タイヤ交換 メリット

タイヤが選びやすい作りのホームページ

最安ではないけど高くもない 安めの価格

タイヤ選びを自分で自由に納得するまでできて それでいて近所の店舗で気を使わず交換できる

昔なら タイヤ持ち込みで交換って少し気を使うイメージだったけど こんな風に システム化されてると 気楽に利用できる 値段も最初からわかるし 好きなタイヤをじっくり選んで、近所で交換というのがお手軽です

お店にもよると思いますが ガソリンスタンドのタイヤ交換って イベントの時などだけ忙しいイメージなので 暇でタイヤチェンジャーが空いている時なら このシステムは3方良し のような気がする

更には おまけ的に

パンク保証がついてるし 有料でつけるほどではないけど無料なら まあついてる方がいい

 関連記事 → 前のタイヤはパンクゼロだった シエンタ グッドイヤー タイヤレビュー 3年3.5万kmで交換【2023年】

サイズ間違え安心保証がついてるし こちらは まさか の間違えでも嫌な思いをしないってことで けっこうありがたい保証です こういうのは好きです

今回は間違えませんでしたけど

タイヤフッドで タイヤ交換 デメリット

デメリットとしては

タイヤサイズとか銘柄とか条件によるけど たぶん最安ではない

楽天とかアマゾンとか 突き詰めてポイント還元とか考慮するともっと安い所は有りそうです 

しかし ディーラーと比較するとかなり安いのと タイヤ専門店と比較しも タイヤの選択肢の多さを考えると 用途に合ったコスパの良いタイヤを選べると支払い額は安くなりそうだし

楽天などは サイズ間違えの返品は多分ややこしいそうだし コスパは良いです

すぐ交換はできない 今回の場合で最短の設定だと 5日後の予約でした

楽天などのネットで買う場合は どこも同じような条件と思いますが、在庫のある実店舗で即交換というのと比べると これは仕方ないです 

シエンタ HV オールシーズンタイヤに交換 まとめ

オールシーズンタイヤが気になってから じっくり調べることができて (特にレビューが参考になった)コスパ良く、近所のガソリンスタンドで 気持ちよくスムーズにタイヤ交換できたのは 事前の調べ通りで良かったです

交換後の感想は 新しいタイヤの匂いが 駐車してるとする(笑) 運転した感覚は 夏タイヤと変わらない

燃費は?だけど 35度を超えるような夏は例年 エコタイヤでも燃費悪かったので 夏タイヤとオールシーズンタイヤの燃費差はゆっくり見ていこうと思います

値段比較だけでも かんたんで時間かからないので タイヤ交換前に候補として タイヤフッド で一度調べるのがオススメです

次の記事 → シエンタHV オールシーズン タイヤ レビュー 7~12月【2023】

コメント